初対面で感じ良く見られるためには

4月になると、子供達は入園式・入学式を迎えます。
子供達にとっても母親にとっても新たな日々の始まりです。

小学生や幼稚園生だと、毎日の送迎が待っています。
その他にも保護者会や学校行事などが目白押しです。

子供の様子も気に掛かりますが、何よりも服装が重要です。
どんな服を着るかで周りの母親達の視線も変わってきます。

『親近感が持てそうだな』『それってちょっと引く』
そんなママスタイルについてお伝えしていきます。

自分の世界を展開しないで

里村素子さんは、エアークローゼットのファッションアドバイザーです。
彼女が一番得意とするのが、コンサバオフィスファッションなのだそうです。

ワーキングママ・アラフォーでも、着こなせる術を知っています。
プチプラであっても、高見えするアイテムを紹介しています。
流行を先取りしたアイテムなどの知識も高いです。

母親の中でも、特に多めなのが独身の頃の服を着ている人達です。
役員会や保護者会、送迎の時ですらも独自の服を展開しています。

普段着はそれぞれの自由ですが、学校というのは子供が中心です。
クラスメイトの母親たちとも、顔を合わせることにもなります。
自分の世界を展開しないように、上手な服装選びをする事が大切です。
服装選びは慎重に

NGファッションにならないように気をつけて

結婚前は可愛い系も男性にウケていたかもしれないです。
しかし、TPOや自分の年齢に合ったものでないとイタくなります。
同じ女性である母親達にはウケないです。

洋服に興味なしとはいえ、古いままではオバさんに見られます。
そればかり着ていると、頑なな人だと思われてしまいます。
ほど良いトレンドさを持つとアクティブなイメージを持たれます。

短すぎるミニスカート、体型を強調したり、デコルテの目立つのもNGです。
どこに視線を合わせればいいのか困ってしまいます。
品位が無いと思われるので外すようにして下さい。

また、サイズが合っていないキツキツの服もイタすぎます。
こうした服装にならないようにじゅうぶんに注意してください。

コーデには黄金比率がある

普段からNGコーデを避けて、受け入れられやすい服装が大切です。
コーデの黄金比率は『きれいめ5:きちんと3:トレンド2』です。
その時に合わせて、バランスを変化させても大丈夫です。

迷った時は、基本黄金比率5:3:2で整えてみて下さい。
ニットによるセットアップは、基本の黄金比率となっています。

パンツスタイルでも黄金比率の5:3:2でアクティブ感が出ます。
ブラウスとパンツの組み合わせは、アレンジ次第で6:3:1になります。
スーツスタイルだと堅いかなといった時に使えます。

小さいバッグを加えると母親達からウケるかもしれないです。
担任の先生からも、信頼してもらいやすいかと思います。
上手に工夫してみて下さい。

アレンジコーデはほかにもある

ふたつめのアレンジコーデはカラープリーツスカートです。
ベーシックカラーのトップスと合わせるときれいめママになれます。
黄金比率はきちんと4:きれいめ4:トレンド2となります。

みっつめはデニムにジャケットやアウターを合わせるタイプです。
パンプスと品の良いアクセサリーや小物にすれば清潔感を感じられます。
黄金比率はきちんと2:きれいめ4:トレンド4です。

よっつめは高いトレンド要素を持つニットワンピース・レギンスです。
同じ色合いでまとめれば、教室にいても浮いたりはしないです。
黄金比率はきちんと2:きれいめ3:トレンド5です。

これらの黄金比率はぜひ覚えておいて下さい。
初対面同士でも会話がしやすくなります。
コーデ黄金比率を覚えておこう

まとめ

春の新生活は、子供だけでなく親も緊張します。
クラスに馴染めるか、友達ができるのか色々と心配です。

それと同じように母親同士の交流も重要となります。
地味すぎる服装や逆に派手過ぎな服装は引かれます。

この機会にコーデの基本的な黄金比率を覚えてみて下さい。
そこから自分なりのアレンジをしてみるのです。

迷ってしまう時は、基本のものでもじゅうぶんです。
基本の黄金比率はきれいめ5:きちんと3:トレンド2となります。