人気がある団塊世代の洋服やアクセサリー

姉が着ていた、兄が着ていたけどサイズが合わなくなったからくれた、妹が自分に合わないからとくれた、だけど人が使っていたお古は欲しくない、と思う人は多いのではないでしょうか。

新品ならまだしも、何回か着たり身につけたりしたものをあげる、と言われても自分が欲しかったモノ意外は正直困ってしまいます。

ところが最近、両親が着ていた、身につけていた洋服やアクセサリーなどをお古としてもらう子供が増えています。

その理由として多いのが、禁止されている動物で作られた今では購入することができない毛皮や商品の素材がとても良いモノなどが洋服では多いです。

特に毛皮系は、昔は問題なかった動物が絶滅危惧種に該当したりして狩りそのものが禁止されている、価格が昔以上に高騰して自分たちの給料では買えない、などという理由が多いです。

アクセサリーに関しては、使っている石や宝石の状態がとても良い、今では手に入りにくい大きさや原石だったりします。

また、昔は道ばたで転がっている石並みにしか価値がなかったものが、人気が急上昇したことで価格が高騰した、というモノも珍しくありません。

ダイヤモンドに関しては、年代が古ければ古い方が状態が良く、価格も高いと言われています。

なぜなら団塊世代、結婚に欠かすコトができないのがダイヤモンドが付いた婚約指輪、結婚指輪でした。

少しでもカラットが大きく、ダイヤモンドの硬度が硬い方が加工がしやすいと言われており、正にダイヤモンドブームでした。

そのため、団塊世代でダイヤモンドの指輪やネックレスなどを鑑定でみてもらうと、粒が小さくても高値が付くことは珍しくありません。

どちらかと言えば、買取を行なっている宝石商は団塊世代の人が購入している貴金属を求めています。

それは宝石だけに関係なく、金にしても程度が良く、不純物が一切混じっていないものが多いからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です