中古服市場が拡大しているイヌの洋服

ペットブームに伴いペット産業は1兆円市場として未だに拡大しています。

ペット産業が拡大している中に、イヌ用の服を作る企業も増えています。

小型犬が一般家庭で飼われる様になり、ドッグランを併設しているサービスエリアの増加、ドックカフェに連れて出かける飼い主が増えたことで、イヌに洋服を着せる飼い主が増えています。

イヌに洋服を着せることで、子供と同じ様に愛情を注いでいます。

しかし、子供と同じ様にイヌも体型が変わったりして服を着ることができなくなります。

しかも、イヌの洋服はサイズが小さいにも関わらず人間並みかそれ以上の価格がするので、捨ててしまうのは勿体ないです。

しかも中には、人間と同じ海外の高級ブランドがイヌの洋服を作っています。

価格も10万円前後という高い価格です。

最近は、イヌの洋服にも中古ブームが起きつつあります。

意外にもイヌの洋服は中古市場の中では回転率が良いと言われています。

その理由が、飼い主がイヌの洋服を大事にしているからです。

イヌに洋服を着せて出かけても外を歩かせるのではなく、あくまでも洋服を着せて抱っこしているコトが多いです。

特に高級ブランドの洋服となれば、飼い主自体が洋服に気を付けるからです。

高級ブランドの洋服でも、中古になると価格が落ちるので手頃な価格になります。

そのため、高級ブランドのイヌの洋服は人気が高く、買い手希望者が多いです。

イヌの洋服は、犬種も多く同じ犬種でもサイズが違ってくるので、市場に出回っている数はとても少ないです。

人気の高い犬種であるダックスフンドやトイ・プードルは洋服を着せている飼い主がほとんどなので、イヌの中古服でも需要が高いです。

イヌの中古服はリサイクルショップでも売られていますが、インターネットのオークションや個人売買しているサイトの方が売れています。

リサイクルショップとは異なり、インターネットでのやりとりだと飼い主からの出品がほとんどなので、安心感があります。

また、飼い主からの出品者なので飼っている犬種が同じであれば、詳しいサイズを質問することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です