古着を上手に売る方法

10月下旬から11月上旬は古着屋や古着を扱っているリサイクルショップは、商品の入れ替わりが激しいです。

なぜなら季節の変わり目でもあるので、夏物と冬物の入れ替えをしていて、不要な夏物やサイズが合わない冬物を売りにくる客が多いからです。

季節商品の中には、流行で購入したデザインの洋服があると思います。

気にしないヒトは気にしないのですが、流行っているからという理由で購入したヒトの多くは、流行が終わった次の年には着ないヒトが多いからです。

捨てるのは勿体ないからと古着屋やリサイクルショップに持ち込むヒトも少なくありません。

最近、古着の買取の方法が2つのパターンに大きく分かれています。

ひとつは1着ずつ値段を出すパターンで、もうひとつは計りの重さで値段が決ります。

どちらも買取の前に商品として販売できるかの査定やチェックがはいります。

汗シミや汚れがヒドいものに関しては、買取はできないことが多いですが、処分を依頼することはできます。

処分と言う形にしても価格が上がることはありません。

1着ずつの査定だとたくさんの洋服を持ち込むと時間がかかりますが、ブランド品や洋服の質が良く流行モノであれば買取の価格が高くなります。

重さでの計り売りだと、重さで値段が決まってしまうので、革ジャンなど重みがある洋服を売るのがオススメです。

重さで価格が決まってしまうので、ブランド品や洋服の質に影響されることがありません。

なので、両方を上手に活用することで、ちょっとしたお小遣い稼ぎが上手くできます。