アクセサリーの素材は何が良い??

アクセサリーの素材の定番と言えば、シルバー、ゴールド、プラチナの3種類です。

この中で価格が安く色々なデザインがあるのが、シルバーです。

シルバーのアクセサリーは価格も手頃なので学生でも購入しやすいアクセサリーです。

ゴールドは、金の価格が暴落しなければ一種の財産と言っても過言ではありません。

重いと1gの価格も高くなり、18金よりも24金の方が価格が高いです。

ゴールドにもいくつかの種類がありますが、金は錆びにくいのでお手入れも簡単です。

しかし、ゴールドのアクセサリーは人によって好き嫌いがハッキリするアクセサリーです。

身につけ方によってセンスがあるようにも思われますが、何でもかんでもゴールドでジャラジャラと身につけていると成金みたいという理由から、あまり好まれない傾向が強いです。

プラチナは金額が高いこともありますが、アクセサリーとしての完成度は非常に高いです。

そして硬度もしっかりしているので、婚約指輪や結婚指輪の材質として非常に人気が高いです。

硬度があるのでデザインも非常に豊富で、ねじれらデザインもできれば、非常に細くすることもできます。

しかし幅がない細いデザインだと指にはめたまま日常生活を送っていると、デザインが変形してしまうコトもあります。

サビにくいのでお手入れも、非常に簡単です。

ゴールドよりもダイヤモンドやサファイアなどの宝石をプラスした時に宝石の美しさを引き立てるのがプラチナです。

しかしプラチナは金額が高いアクセサリーです。

宝石もついていなければデザインもないシンプルな指輪でも5万円以上はします。

アクセサリーを購入するときは、どういう時に身につけるかで考えてから購入することをオススメします。