新聞紙に隠された保温効果

ヒートッテックの下着をご存知でしょうか。

ヒートテックは寒い季節に体の体温や熱を逃さないで、体を保温することができる下着です。

ヒートテックの技術も毎年進歩しているので、古いヒートテックの下着を身に着けるよりも新しいヒートテックの下着を身につけることをオススメします。

ヒートテックの下着に使われている素材も年々増えてきていて、厚さも薄くなっているにも関わらず保温効果が上昇しています。

そのため営業職などでスーツを着る人たちにとってはヒートテックの下着は寒さを緩和するのに最適な下着なのです。

スーツは、下に厚みのあるシャツを着てしまうと動きづらくなったり、スーツを羽織った時にスーツのスタイルが崩れてしまいます。

そのため、普通の下着しか着ることができなかったのが、ヒートテックの技術向上により、スーツでも着ることができるようになりました。

スーツやコートは、外からの冷たい風は防いでくれるかもしれませんが、体の体温は寒さで奪われてしまいます。

ヒートテックの下着の他にヒートテックと同様の効果がある下着も各下着メーカーからも発売されています。

しかし、いちばん体の体温を逃さない方法はヒートテックの下着を身に着けるのではなく、新聞紙を服の下でお腹に巻く方法です。

新聞紙は寒さを防ぐだけでなく、保温効果も抜群なのです。

昔、石焼イモ屋で石焼イモを買ったら新聞紙に包んで渡してくれました。

それは、焼きイモ保温性を保ち、冷たくならない様にするためです。

新聞紙には隠れた保温効果があるのです。

そのため、新発売のゲームやスマートフォンで深夜から順番待ちをしているヒトの中には寒さ対策としてお腹に新聞紙を巻いて徹夜組で並んでいます。

新聞紙をお腹に巻く際に注意しなくてはいけないのが、新聞紙をたくさん巻けば良いというわけではないということです。

新聞紙をたくさん巻いたら真冬にも関わらず暑過ぎて汗が滝の様にでてしまったという苦い経験を味わったヒトもいます。