最愛の思い出をずっと身につけておきたい

最愛の夫、最愛のパートナー、最愛の家族、最愛のペットを亡くした悲しみや辛さは計り知れません。

生きているモノは必ずいつか死が訪れることが分かっていても、心はそれについていけません。

誰もが羨むようなおしどり夫婦だったのにパートナーに先立たれてしまい、独り身となってしまうと日常が大きく変わってしまいます。

美味しく感じた食事も美味しいと思えず、楽しかった買い物ですら楽しいと感じなくなってしまい、毎日を機械的に過ごしているような状態になってしまいます。

最愛の人が形見を遺して逝ってしまうかは誰にも分かりません。

特に子供やペットの形見と言えば思い出や写真でしか遺りません。

日本では亡くなった人に対していくつかの法律が定まっています。

突然亡くなってしまったからと最愛の人の死を受け入れることができないからといって、遺体を冷凍庫に閉まっておくわけにはいきません。

ショックと悲しみのあまり納骨することもできず、ずっと自宅に置いて話しかけている人も少なくありません。

ペットの場合、骨を納骨せず、自宅に持ち帰っている飼い主がとても多いです。

少しでも一緒にいたいという思いを叶えてくれるのが、遺骨を加工してアクセサリーにする技術です。

遺骨からダイヤモンドを作るコトができます。

加工する場所は日本ではなくスイスなので約半年かかります。

金額も50万円前後しますが、納骨する気もなくお墓を購入するつもりがないのなら遺骨を加工してペンダントや指輪にして身につけるのも供養のひとつなのかもしれません。

ダイヤモンドにする金額がないという人には15万円前後で遺骨を麗石に加工することができます。

麗石は加工が日本で行なわれているので約3ヶ月で作ることができます。

海外では遺骨をペンダントに加工してアクセサリーとして身につけている人が多いです。

しかも、遺骨からできていると言われないと分かりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です