ドレス友って知ってる?

女性なら、一度はこの様な経験があるのではないでしょうか?

今月、同僚の結婚式が多くて洋服までにお金を回せないから、こないだ着ていたパーティードレスを貸してくれないかな?といった、洋服やアクセサリーの貸し借りです。

友人や同僚の結婚式に招待されたらほとんどの女性はパーティードレス、男性はスーツです。

男性の場合だと、ネクタイを変えるだけで同じスーツを着ていても雰囲気やイメージが違ってきますが、女性の場合だと結婚式毎に着ていくドレスを変えたいという人が多いです。

別に1回しか着ないというわけではなくても、同じ職場の人が続けて結婚式をしたりすると招待客もほとんど変わりません。

そんな場所に先週着ていったパーティドレスを着ていくなんてできないししたくない、という女性がほとんどです。

新しく購入するのに、毎月ドレス代に3万円も5万円も出すことができないというのが本音ではあります。

しかし、古着屋やアウトレットで購入するのも抵抗があるという理由から、ドレスを友達同士でシェアするドレス友というのが女性の間で流行っています。

ドレス友は知り合いだけでなく、インターネットなどでも自分の体型に近い人を探しているケースもあります。

ドレス友のメリットは、友達同士などでドレスやドレスの小物、バッグをシェアするので金額がとても安く、限定された人同士での貸し借りなので貸した人がどんな扱いをするのかが分かります。

友達間でのドレス友であれば、クリーニング代だけでの出費で終わります。

あくまでもドレス友はドレスを貸し借りすることで利益を出すことを目的としていません。

自分のドレスを貸す代わりにアナタのドレスを貸してね、という等価交換を目的としています。

そうすることで自分が着てみたかったドレスを着ることができ、しかも毎回違うドレスを着て出席することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です