ハロウィンのアクセサリーが定着しない日本

日本でも少しずつ定着し始めた10月31日のハロウィン。

海外ではハロウィンと言えば、クリスマスの次に大きなイベントになります。

海外ではハロウィンに向けて、玄関や庭にハロウィンの飾り付けを行います。

日本ではあまり見る機会がありませんが、カボチャの中身をくり抜いて目と鼻と口の穴をあけて、カボチャランタンとして置くのが定義です。

クリスマスの様な華やかな飾り付けとは異なり、海外のハロウィンはモンスターやオバケが中心となるので、飾り付けも少しホラーちっくな物が多いです。

クモの巣の様な白い糸みたいのが出るスプレーや、コウモリ、十字架など海外のホラー映画並みの飾り付けです。

そして子供は顔にメイクをして魔女やモンスターの格好をして、『お菓子をくれないとイタズラするぞ』と近所の家を訪ねて、お菓子をもらいます。

日本でもここ数年でハロウィンが突如、イベントとして定着し始めています。

そのため、ハロウィングッズの売上げは毎年、昨年の売上げを超えて伸ばしています。

日本でイベントとしてまだまだ拡大の可能性がハロウィンにはあるのです。

ハロウィンのグッズなどを購入して、飾り付けをしたりするのは、日本では増えて来ているとは言え、まだ一部でしかありません。

クリスマスの様にツリーを飾ってと言う様な大々的なイベントではありませんが、何となく町中がハロウィンブームだからと、ちょこっとしたアイテムやアクセサリーを購入して、自宅でもぷちハロウィンな雰囲気にする人も増えています。

日本でハロウィンのアクセサリーの売上げが伸びていても、アメリカの様に爆発的にヒットしないのはカボチャの色にあります。

ハロウィンのカボチャの色と言えばオレンジ色ですが、日本でカボチャの色と言えばオレンジではなく緑色です。

そのため、なんとなくオレンジ色のカボチャが自分の中でなかなか定着しないという人が日本人では多い様です。

しかし、それでも雑貨店に行けばハロウィングッズがたくさん販売されています。

今年はハロウィンに向けて飾り付けをしてみてはどうでしょうか。