フリーマーケットを上手く活用する親たち

フリーマーケットと言えば、ジャンルを問わず色々なモノが売られています。

古本やレコード、UFOキャッチャーなどのゲーセンで獲得した景品、ぬいぐるみ、ゲームソフト、洋服、オモチャなど、規模が大きくなればなるほど出展者が増えるので、商品の数も圧倒的に多いです。

フリーマッケットはバザーとは異なり、基本的には中古品です。

バザーの場合、出展する商品にある程度の決まりがあります。

例えばタオルなどの日用品は新品のみで、中古品で出して良いのは学校で使う笛や鍵盤ハーモニカーなど、バザーでは中古品で出して良いものが決められています。

一方フリーマーケットでは、新品の商品を探すのは難しいです。

フリーマーケットは、中古品がメインとなります。

特に子供の洋服や子供のオモチャは、フリーマーケットの中でも人気が高いので、子供用品が欲しいと思っている人は早めに行くことが大事です。

フリーマーケットで子供用品が人気があるのは、子供の成長が早いので新品で洋服を買ってもスグに着れなくなってしまう、オモチャも成長に合わせて遊ぶオモチャが変わってくるからです。

そのため、子供用品をフリーマーケットですませているという子供がいる家庭では割合は高いです。

しかもフリーマーケットの良い点は、購入者が販売者と価格交渉ができるからです。

これを一緒に買うから少し安くして欲しい、と気軽に言うことができます。

その理由はフリーマーケットに出展している人の多くが、金額よりも商品の手放したい人がほとんどです。

自分はいらないから少しでもお金になればいいな、という気持ちでモノを売っているので値下げにも快く対応してくれる人が多いです。

フリーマーケットで大量的に購入した人の多くは、翌年のフリーマーケットで購入した商品を売っている販売者側になっているケースが多いです。

フリーマーケットを上手に活用することで、子供の成長に合った商品を格安の価格でゲットすることができます。