破れても穴があいても魅力があるジーンズ

ジーンズは古着の中でも人気がある古着です。

ジーンズは生地も硬く丈夫で厚手のため、オールシーズン履くことができ、しかも長持ちします。

さらにジーンズはファッション性がとても高いため、オリジナルのジーンズにすることもできます。

例えば、普通のズボンとかだとヒザの所が破れてしまうと捨てるヒトが多いと思いますが、ジーンズは逆でその破れている箇所がカッコいい、破れているからお洒落、と思うヒトが大半です。

ジーンズを履かないヒトから見れば、汚い格好、破れたズボンを買い替える余裕もない程貧しいの?と思われがちですが、ジーンズを履いているのは若者だけではありません。

中高年の中にもジーンズを愛用しているヒトは大勢います。

ジーンズをこよなく愛用しているヒトからすれば買った真新しいジーンズはまだまだ赤子と同じで魅力がないと言います。

ジーンズの魅力は、年数が経ち履き続けたことでできる色の褪せりや生地の傷み具合などがジーンズの価値と言います。

唯一ジーンズは破れてもファッションと呼ぶことができるものなので、破れても履き続けるヒトが多く、女性の場合はワンポイントとしてパッチワークを付けるヒトがいます。

破れたり穴があいたりした所にパッチワークを張ることで、ジーンズの新しい魅力を引き出すことができ、他の女性から見た時にそのパッチワーク可愛いね、と逆に褒められたりすることも珍しくありません。

古着と言えば、他人が身につけたものだからと嫌うヒトもいますが、ジーンズは傷んでいたり破れたりしても、コレカッコいいじゃん!と購入するヒトがいるから不思議です。

ジーンズを履いているヒトの中には真新しいジーンズを買ったのにスグにハサミで丈を切ったり、穴を開けたりするヒトもいます。

ジーンズが好きな人からすれば、ジーンズは革製品と同じと言います。

使い続けるコトで本来の生地の味が出て、色が変色することもジーンズならではの魅力のひとつであるようです。

もしも、ジーンズを履いているけど破れてしまって捨てようか迷っていたら、パッチワークなどで新しくデビューさせてみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です