高校時代に戻ってテーマパークを満喫するヒトが増加中

今、東京ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオジャパンの様なテーマパークでちょっとしたプチブームが起こっています。

それは20代前半の女性やカップルが、高校生時代の制服を着てテーマパークを満喫するというものです。

テーマパークが企画しているイベントでもなければ、コスプレでもありません。

制服を着て遊ぶコトで学生時代の気分に戻ってより楽しむことができるそうです。

ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオジャパンの近くに住んでいる人であれば、交通費もあまりかからないので学生でも遊びに行くことができます。

が、県外や離島に住んでいる学生にとっては、気楽には遊びに行くことができません。

自分一人だけならともかく、友達と何人かで遊びに行こうと思うと、友達の家庭の都合もあります。

お金がかかるから、高校生だけで行くのは何かあった時に不安だから、など両親の意見でNGになることも珍しくありません。

同じ学生とは言っても高校生と大学生では異なり、高校生の場合は親に責任があるので、万が一何かトラブルや事件などが起きた場合、親に責任がいきます。

そのため、高校生時代は東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンを断念したヒトも多いです。

高校を卒業して社会に進出して自分で仕事をして給料を得る様になってから、高校生時代にできなかったコトをやろうという思いから、高校生時代の制服を着てテーマパークを満喫するヒトが増えています。

さすがに40代50代にもなると制服を着ていると変に思われてしまいますが、20代前半程度であればまだまだ高校生の格好をしても違和感がありません。

高校生時代の懐かしい制服を着て高校生時代の気持ちに戻って、友達同士で遊びに行くことでより満喫することが出来ます。

更に自分たちのお金で遊びに行くので東京ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオジャパンと提携しているホテルにも泊まって、まるまる1日をしっかりと楽しむことができます。

高校時代の制服を残しているヒトは少ない様にも思えますが、意外にも男性女性に関わらず高校時代の制服を残しているヒトは多いようです。

たくさんの思い出が詰まっているからこそ、高校時代の制服がクローゼットやタンスの中で眠っているのかもしれません。

そして、懐かしい制服を着ることで心も若返るのもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です