今年の浴衣の流行はレトロ柄

浴衣は日本独特の文化のひとつです。

しかし、時代の変化によって浴衣を着るヒトが減りましたが、レトロ調の小物が流行ったことで古着でレトロ柄な和風なデザインの浴衣が静かなブームとなっています。

若い女性の間で古着でレトロ柄の浴衣が流行っている理由としては、古着のレトロ柄は1着1着模様の出方が異なるので、同じ浴衣を着ている人を見ても被ったという感じがなく、髪型によってレトロ柄のイメージが違うというものです。

レトロ柄は昭和初期、明治時代では当たり前と言うか一般的な模様でした。

お洒落な模様は上流階級の女性が好み、華やかな模様は花魁、レトロ柄は一般階級の女性、と着物の模様はある意味女性の階級や家柄を表していました。

そのため、レトロ柄のデザインは多数あります。

最近はデザイナーがレトロ風のデザインをすることがありますが、それはあくまでも昔のレトロ柄でなく、それをお手本にして作られた模様でしかありません。

だからどことなく最近のデザインに合わせた雰囲気はあります。

古着のレトロ柄の浴衣は模様の主張が余り強くなく、模様の色自体が大人しいのですが、最近のレトロ柄になると模様の主張がしっかりとされているので、浴衣の色との同調があまりされていません。

そのため1度でも袖を通してしまうと、来年には飽きてしまい、ブームが去った模様となってしまいます、

しかし、古着のレトロ柄になると何度袖を通しても飽きが来ることがなく、髪型やメイク、身につける小物によって新鮮さがあります。

そして、古着ならではは色の味がしっかりと出ているので、年数が経過したことで出る色と模様のくすみは古着ならでは浴衣と言えます。

洋服は新品の方が良いですが浴衣は新品だと生地がまだ固いためパリパリとした感じがありますが、古着の浴衣では固さがなくなって柔らかくなっているので、着た時にパリパリ感もありません。

そのため浴衣本来の美しさがしっかりと引き立てられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です