夏注目のアイテム、下駄が静かなブーム

夏になるとジメジメするようになり、仕事で革靴やローファーを履かないといけない人は、水虫になりやすいです。

水虫は一度なってしまうと年中水虫になってしまい、完治したと思ってもスグに再発してしまうので、水虫にはできるだけなりたくないものです。

水虫にならないためには、足の通気性を良くすることがいちばんですが、通気性を良くするのは難しいです。

ところが通気性の良いある履物が、若者を中心にブームとなろうとしています。

それは、下駄です。

ゲタは浴衣を着た時に履く履きモノですが、Tシャツと短パンや7分丈のジーンズにも下駄が合うのです。

下駄は通気性も良いですが、ダイエットにも効果があると言われています。

その理由は、下駄を履いて歩くには姿勢をキチンとして、重心を体の真ん中に持ってこないといけません。

そして、他の靴のように足の裏への力が均等にかからないと下駄を履いてキレイに歩くことができません。

下駄は女性だけでなく、男性も履くことができる男女共通のアイテムであり、夏の様な暑いシーズンだからこそ履くことができるファッションアイテムです。

しかし、下駄は履き慣れていない状態でいきなり長距離歩くと足の裏が痛くなり歩くのが苦痛になったりします。

花火大会の時に浴衣を着たので下駄も履いたけど、花火大会が終わる頃には下駄を履いて歩くことが出来ない程、足が痛んでしまい下駄を脱いで肌足で歩いている女性を見かけることがあります。

履き慣れたら長時間長距離歩いても痛むこともなくなり、靴を履いているように小走りも出来るようになります。

下駄は日本独自の文化の履物です。

初めて下駄を購入するのであれば、下駄屋での購入をオススメします。

下駄屋で購入した方が、スタッフの人が自分の足に見合った下駄を選んでくれるので、履きやすく慣れやすいからです。