フリーマーケットで安く古着を手に入れよう

最近、古着の売買にある変化が起きています。

それは、リサイクルショップで古着を購入するのではなく、フリーマーケットなので古着を購入するケースが増えています。

その理由として多いのが、フリーマーケットは個人での売買になるのでその服を来ていた人が見るコトが出来るからというものです。

服の材質などによっては傷みやすい物もあるので、何回も前の持ち主が着ていたら生地自体がボロボロ寸前と言うこともあります。

そのため、売り主に何回くらい着た?とか質問を直接できて、値段交渉もできるという点がフリーマーケットにはあります。

リサイクルショップの古着は値段交渉ができません。

しかしフリーマーケットに出されている古着は基本的には持ち主がいらないものなので、値段の交渉がしやすいです。

仮に500円で売主が出していたとしても、生地が少し傷んでいるから300円にして欲しいと言えば、じゃあ300円でいいよ、というやりとりができます。

そのためフリーマーケットだとお得に古着を手に入れることができます。

またその古着に合わせたアクセサリーを手作りして売っている人もいます。

前の持ち主を見れば、大体がわかると言います。

特に子供服は、子供が小さければ小さい程、一瞬しか着ていない物も多く、売主としても次の子供がいなければゴミになってしまうので、破格の値段で良品の古着を手に入れることができます。

他にも靴や子供のオモチャ、リュックなども売られているのでまとめて買うからまけて欲しいと言えば、ビックリする様な値段になることもあります。

フリーマーケットに出されている商品は売主にとってはいらない物がほとんどなので、値段が高いからと諦めずに値段の交渉をしてみましょう。

ゴミとして持ち帰るよりも100円でも200円でも利益があれば、売主にとってもマイナスのことではないからです。

ぜひ一度フリーマーケットに出かけてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です