意外にも知られていないアウトレットと中古の違い

リサイクルショップや大型家電気店に行くとアウトレット品と中古品と書かれた商品が販売されています。

商品は大きく分けると、新品、中古品、アウトレット品、整備済品の4種類があります。

整備済品はApple製品では当たり前となっています。

整備済品とは、トラブルがあって戻って来た商品をメンテナンスして新品商品と同等で販売しています。

そのため中古品やアウトレット商品よりは価格が高く、新品商品よりは価格が安いです。

中古品は、完全に他人が使用していたモノを整備して、売っている商品です。

他人が使用していた年数は同じ商品としてもヒトによって違ってきます。

例えばAという商品でも、5年間他人が使用していたモノと半年しか使用していないモノでは価格が違ってきます。

他人が長く使用していればいる程、傷や痛み具合も違ってきます。

基本的には正常に動作するモノをクリーニング、メンテナンスして売っていますが、保証期間は1ヶ月程度しかありません。

アウトレット品は、基本的には他人が使用していることはありません。

アウトレット品の多くは、展示品として用いられていたモノがほとんどです。

そのため他人が使用はしていないけど、他人が触っているモノになります。

そのため商品の外装に細かい傷があったり、ちょっとした汚れがあったりします。

商品として使用はされていないのでメンテナンスは最小限で、クリーニングをメインに行なっています。

保証期間は新製品のように長くは付きませんが、お店によっては6ヶ月から1年程度です。

短いところでは3ヶ月程度です。

価格は新品よりは安いですが、中古品よりは高いです。

ヒトが使っていたモノを買いたくないけど新品を買うのはお財布に痛い、多少の傷程度なら目立たないものであれば気にしないという人であればアウトレットがオススメです。

ヒトが何年使っていても安ければ全然いい、というヒトには中古品でも大丈夫です。

他人が触ったりメンテナンスしているのは嫌だ、というヒトは価格が高くても新品を購入した方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です