依頼が増えている遺品整理

親やパートナーが亡くなり、お葬式が終わってから生きている人間にはやらなくてはいけないコトがあります。

それは、故人の生前に使っていたものや大事にしていたものを片付ける遺品整理です。

遺品整理は、今ビジネスのひとつとして注目を集めています。

それくらい遺品整理は大変な作業なのです。

遺品整理をしている企業に依頼しているヒトの多くが、家族や親族がいなかったり見つからなかった独身者が住んでいた家の大家や近所です。

知らない人間の遺品整理をしたいヒトはなかなかいないのではないでしょうか。

ところが最近は家族や身内からの遺品整理の依頼も増えています。

その理由は、配偶者が高齢者で自分で遺品整理をするだけでのエネルギーがない、生前から親子の縁を切っている様な関係だった、子供は連れ子だから実質的には親子ではない、など家族関係に何らかのトラブルを抱えているケースが多いためです。

遺品整理の仕事は、基本的には故人の所有物を家族や依頼者に変わって処分します。

そのため事前に、依頼者に処分して良いモノ、処分してはいけないモノを聞きます。

処分しないで欲しいと言うもので多いのが銀行の預貯金の通帳や印鑑などが多く、家族によっては写真を処分して欲しいという人と処分せずに見つけたら渡してほしいという人に分かれます。

遺品整理の仕事をしている人は、長年この仕事に携わっていると故人の生前が分かってくる様になると言います。

家族と仲が良かったのか悪かったのか、近所の人から好かれていたのか嫌われていたのか、亡くなる時まで孤独だったのか孤独でなかったのか、などが分かる様になると言います。

故人の代わりに遺されたモノがその人の人生を語ってくるそうです。

高齢化社会に伴い、遺品整理の依頼はこれからも増えていくことが予想されます。