意外と多い古着の価値に関するトラブル

リサイクルショップに行って古着を売買している人は多いのではないでしょうか。

特に幼い子供がいる家庭の多くがリサイクルショップを利用しています。

幼い子供は成長が早いので、服を買ってもスグに着れなくなってしまします。

そのためリサイクルショップで、節約がてら子供の服を売買しています。

意外にも幼い子供の洋服は、金額が高いのでリサイクルショップはありがたいお店です。

そんな便利なリサイクルショップですが、古着に関してのトラブルが絶えません。

そのトラブルは、亡くなった親や親族の持ち物を処分していた時に棄てるには勿体ない古着があったのでリサイクルショップで売ったら500円になりました。

その時は、古着を売った人は500円という価値で満足しています。

ところが数日後にそのリサイクルショップを訪れてみると、500円で買取った古着が10万円という価格がついていたので、店員に尋ねてみると古着は古着でも人気のある古着で希少価値のあるモノということを知りました。

500円で手放した人からすれば、希少価値がつくようなモノだと知っていたら売らなかった、価値があるモノとお店側は分かっていたのに自分たちが価値を知らないことを良いことに安い価格で買取るなんて卑怯、という人もいます。

実は古着の中には、希少価値がつくものも実際にあります。

古着の中でも希少価値がつきやすいのは、ジーンズです。

ジーンズはどんなにボロボロになっても、ジーンズはそれがお洒落なので市場でも人気があるモノだったら買取価格も高ければ売値も高いのです。

現に、こういった古着でのトラブルは後が絶えません。

なかでも親の遺品を整理していて出て来たものが価値あるモノというケースがとても多いです。

本来であれば、ショップ側が売主に説明をした上で買取をしなくてはいけません。

ジーンズなどをリサイクルショップに売る時は注意しましょう。