古着をリサイクル店に出す際に気を付けるべき点とは

着なくなったけど捨てるのが勿体ない洋服、高い金額を出して買ったのに一度も着なかった洋服、オーダーメイドで体型に合わせて作ったのに太って着れなくなってしまった洋服、などがありませんか?

着た回数が少なかったり、高い品物だったりすると資源ゴミとして処分するのが勿体なく感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

最近では、古着を買取ってくれるリサイクルショップが増えています。

リサイクルショップと言えば、洋服だとブランド品しか買取ってくれないイメージがあると思います。

確かに、リサイクルショップが一般化するまでは古着の買取と言えばブランド品か年代物のジーンズと決まっていました。

しかし、子供服のリサイクルの回転率の良さから、格安な価格でブランド品以外の洋服を買取るリサイクルショップが急激に増加しました。

今ではユニクロで購入したTシャツでも買取ってくれます。

買取金額は品物の状態によって左右されますが、1円~数十円といったところが普通の買取価格です。

古着をリサイクルに出す時に気をつけてほしいコトがいくつかあります。

まずは、ポケットの中を必ず確認してください。

コートやジャンパーなどの厚手系の上着のポケットに入れっぱなしにしたメモやお金が残っていることがあります。

特にお金は厚手系の上着だと見落としがちになります。

リサイクルショップによっては持ち主が気付いていなければ、返さない人もいます。

またリサイクルショップのスタッフが見落としてしまうコトもあります。

ジーンズをリサイクルショップに買取ってもらう時も注意が必要です。

ジーンズはジーンズコレクターがいます。

年代や限定品、メーカーなどによっては何十万円から100万円以上する様なレアなジーンズが存在しているからです。

ジーンズコレクターや知識のある人が見れば一発で分かるのですが、知識がない人からすれば古汚いジーンズとして扱われることがあります。

そのため、リサイクルショップで購入したジーンズを売る時は要注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です