レアな価格が付くのは古着だけではない

着物や年代物のジーンズなどは、買取専門店などに持ち込むと状態が良ければ高値で買取をしてくれます。

ジーンズや着物だけでなく、ブランド物のバッグやアクセサリーも限定商品で状態が良く、限定品なのに人気があるというモノもあります。

それらも、状態がよくほとんど新品に近ければ、買取金額に期待してもいいでしょう。

しかし、持ち主が使っていたり利用していたりすると、汚れや傷などがあり、それらがマイナスの査定となり買取価格も下がってしまいます。

しかし使っていても保管をきちんとして丁寧に扱っていれば、汚れや傷も最小限ですみます。

無論、そういうのは買取店のスタッフが見れば、保管の丁寧が良かったか悪かったがわかります。

また汚れなどは、スグに拭き取らないと染みになってしまうので注意がかなり必要です。

買取専門店での価格が高い商品と言えば、そういったモノだけと勘違いしている人も少なくありません。

また古着に関しては、値打ちがあるモノなのかないモノなのか分からないので、どちみち処分をしたいと思っていたモノだから買取ってくれただけでもラッキーだし、さらには高値が付くだけでももっとラッキーです。

オークションなどに古着を出す人もいますが、それはその古着の価値が分かっているヒトや、大量的に処分したいヒトがネットでのオークションを利用するケースが多いです。

しかし古いモノに高い金額がつくのは、古着だけではありません。

意外なモノにも高額な値段がつくことを知っていますか?

人気があったファミコンのカセットや抽選でしか当たらなかったオリジナルゲームソフト、雑誌やお菓子についてくるオマケのオモチャ、その当時に人気があったボードゲームで今も人気があるやつ、昔のカードゲームなど、色々なモノに高額な値段がつくことがあります。

これらのモノはマニアがコンプリートするために集めていることがとても多いです。

そのためモノの状態が良く、付属の箱などがあれば買取ってくれる価格も高くなりますが、コレクションを目的としているためモノの状態が悪いと価格はドーンと落ちてしまいます。

またゲームソフトなどは動いて遊べるのが理想です。

当時では数千円だったゲームソフトが、レアな価格になって気がつけば50万円近くするものもあるので、たまたま残っていたというヒトにとっては寝耳に水な出来事です。

ただひとつ注意しなくてはいけないのは、いつまでもそのレアなモノがレア価格で取引されるかということは分かりません。

もっと数日、手放さずに価格を釣り上げてやろうと思っていたら、値段がボーンと落ちていることがあります。

なので、欲を出さずにプラスの時に処分したいものは処分しましょう。