風呂敷が女性の間で流行っているわけとは?

女性の間でちょっとした話題を集めているのが、風呂敷です。

風呂敷と言えば、昔の時代の物というイメージがありますが、最近では若い女性の間で風呂敷が流行しています。

風呂敷と言えば、モノを包むための布切れですが、包装紙とは違い、使い回しができるので汎用性が高いです。

風呂敷が女性の間でプチブームとなったきっかけが、風呂敷を用いたラッピングです。

風呂敷は、包む形の物や大きさを考慮する必要性がなく、どんな形でも包むことができます。

しかも包装紙とは違い、キレイに包むことができるので、ギフトラッピングとして包装紙ではなく風呂敷を選ぶ人が増えました。

そして、使い回しができるので包装紙の様なゴミが出ないので自然に優しいというのもポイントが高い理由のひとつです。

さらに風呂敷は、色々な結び方ができます。

色々な包み方ができるので、包む物が小さければ風呂敷で花を作ったりすることもできます。

そして風呂敷の人気が高いのは、風呂敷の模様や色使いにあります。

風呂敷にはたくさんの色があります。

さらに模様も主張が強くないのにお洒落でキレイなものがほとんどです。

風呂敷は着物を着る人が使うコトが多いので、着物を際立たせる様に主張を抑えつつもお洒落な感じの模様と色合いがバランス良く採用されています。

そして、その模様も最近の模様と言うよりも、古風な一昔前の様なデザインを採用されています。

風呂敷の中には、古着を風呂敷にしたモノもあります。

特に昔の品の良い着物や帯を風呂敷に改良して二次利用している人も多いです。

着物を愛用している人や着物が好きな人は、着れなくなってしまった着物でも模様がきれいな部分や自分が気に入ってる部分を業者に依頼して風呂敷にしてもらっている人もいます。

古着の着物は1点物がほとんどなので処分してしまうのが勿体ないです。

しかも古着の着物の模様も1点物なので、同じ様な模様を見つけるのが難しいです。

高価な着物を風呂敷にすることで、気品のある風呂敷になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です