思い入れのある1着を思い出として残すサービス

思い入れのある1着はありますか?

自分の初給与でご褒美として買った高価な洋服、彼氏からプレゼントでもらった1着、一目惚れして購入して頑張ってダイエットした1着、結婚式で着た世界に1着しかないウェディングドレス、昇級祝いに夫にプレゼントしたスーツ、母が大好きでいつまでも大事にしていた形見の1着など、高い安いに関係なく思い入れのある1着と言うのは人生のどこかで出逢うと思います。

しかし、洋服というのは年齢を重ねることでだんだんと自分の体型にも年齢にも合わなくなり着る機会がなくなってしまいます。

それでも思い入れがあるから捨てたくない、だけど完全に洋服タンスの中で場所をとっているから処分するべきか悩んでしまう、取っておいてもこれから先着ることがないと分かっているのに処分できない、という悩みを解決することができるかもしれません。

それは、自分の写真などから人形を作り、その人形に思い入れのある1着を洋服として着せるサービスが話題となっています。

思い入れのある洋服にハサミを入れて切ってしまい、その生地を使って思い入れのある1着と同じデザインにしてくれます。

ミニサイズにした思い入れのある1着を自分の顔写真から作った人形に着せて保管するのです。

これらのサービスは一般的な洋服以外にも着物やウェディングドレス、タキシード、学生時代の制服、子供が赤ちゃんだった頃の服など、現物さえ存在して残っていれば人形の洋服としてリメイクすることができます。

元々はウェディングドレスを購入した女性が自宅のタンスでは保管ができないという所から始まったサービスですが、利用者の口コミから話題となりました。

人形から作るので価格は洋服によって違ってきますが、安くても5万円前後くらいです。

しかもオプションのサービスとして余った生地から新しい人形の洋服も作ってくれるので、人形に着せ替えをすることができます。

この着せ替えサービスが利用者の心を掴みました。

一度、人形を作っておけばその後は、人形だけの洋服を依頼することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です